Print Shortlink

外国為替チャートとローソク足

ローソク足は日本でよく使われている外国為替のチャートなんなんです。このチャートには単位となる時間が決められています。ローソク足チャートの表示において、一単位となる時間の始めについた値を始値、最後についた値を終値といいます。中でも一番高い値段を高値、それから最も低い値段を安値として、4つの値段を基礎に作られているものなんなんです。ローソク足による外国為替チャートは、陽線と陰線とで色分けします。ローソク足の外国為替チャートで白か赤で描かれる陽線からは、単位時間の値動きが上昇する傾向にあったことが分かります。外国為替のローソク足チャートで陰線とは、その時間の相場が下落方向に向かっていたことを示していて、通常黒または青で描かれます。ローソクの形をしたチャートの胴体部分から伸びる細い線はヒゲと呼ばれます。細い線が上に伸びているならば上ヒゲ、下に伸びているならば下ヒゲと呼びます。ひげの長さやトレンドのどの時に出現したかによって、ケースが変わってくるので大切なんなんです。チャートに長い上ヒゲが現れたケース、相場の上昇力が無くなってきたことを示し、逆に長い下ヒゲが出てきた時には下げ止まってきていて、値動きが持ち直す可能性がある、と言った具合なんなんです。胴体部分が一本の線になり、十の字のように見えるケース、これをコマ足と言います。チャートを利用することで、外国為替の相場ではその流れを知ることができます。このためチャートを読めるようになることが大切なんなんです。車査定 熊本

 

Leave a Reply

南アフリカランドFX業者ランキング