Print Shortlink

スバルやマツダの車が気になります。

車を運転していて、「あ、素敵だな」と思う車のエンブレムを見ると、スバルやマツダだったりすることが多くあります。スバルですとアウトバックやレガシィ、マツダだとMPVなどです。ちょっとしたマイナーチェンジでぐっと良くなるパターンが最近は多いと感じます。

 

コンパクトカーは燃費もいいし、スライドドアだったりすると便利ですし、乗ってみたい車種はいろいろあるのですが、どうしてもインテリアが軽い感じなのですよね。ハンドルも細いですし、ドアの開閉もパタンと締まりますし。燃費をよくするためにタイヤも細くてなんだか心細い感じがいたします。

 

かといって、車体からタイヤがはみ出るくらいのごつすぎるのもハンドル重そうです。そこで、レガシィやMPVの登場です。ハンドルもスカスカな動きではないですし、ドアもスライドドアだったりします。セレナやVOXY、ノアのような車体の重さを感じさせないのに、7人も乗れたりして、いいところがギュっと濃縮された車種だと思います。

 

トヨタ86とBRZでも、BRZを見かけたときのほうが嬉しいです。トヨタのエンブレムはファミリーカーのイメージなので、まだスポーツカーとしてのイメージを保持しているスバルのエンブレムのほうが映えるように思います。

 

いまの時代、ミニバンやコンパクトカーのほうが絶対売れるのに、こういったタイプの車を販売してもらえるのは、本当に嬉しいです。乗っている人も楽しそうに運転しているように思えます。すれ違ったり信号待ちでBRZに会うと、ずっと眺めてしまいます。

車 売る時の注意ポイント

 

Leave a Reply

南アフリカランドFX業者ランキング